カラス

<文末に重要な追記があります。>

こんにちわ。昨日は玉蔵さんのREC.でした。
はっきり言って玉蔵さん文章は天才的ですが、歌はずぶの素人です。
前回はかなりと難儀しましたが、今回は如何に?
と、どっこい。進化してるんです。褌野郎。
きょうはハナっから「高次元つかうー。降りてコーイ。」などとブースでやってるのです。
全覚醒の人でないので、始めはどうかなー。と様子見てたんですが、かなりマジだったので、
コントロールルームから「あおうえいー」のサポートしました。
すると、ズドドドーって感じで彼の胸が開いてゆくのを感じました。
そして私もジョンお願いー。と波動合わせると。
受けとれちゃったんです。ふぐり玉蔵。
これはタイミングか。と、トラックを流し彼は歌い出す。
それまでピッチ、リズム、表現、そこそこだった歌が、「え〜うっそー!」というほど
全てのクオリティーが上がり、とうとう修正0の完璧な歌をお歌いあそばされました。

私が感じたのは、玉蔵すごい!というより人間って凄い!と思いました。
これならライブも何とかなるかも。。。。。

そんなわけで「年初め嬉し嬉しの公演&コンサート」の宣伝です。
あっ、私、講演もやります。
私の場合ネタには困らないのですが、時間も限られているので何を話そうか迷うのです。
ですので、こんな話が聞きたいとか、こんな質問があるなどございましたらメールをください。
参考にさせて頂きたいと思っています。
お申込みは以下のフォームへ
http://form1.fc2.com/form/?id=718497

イベント詳細

2012年 嬉し嬉しの年初め公演&コンサート&金玉村総決起集会
公演 ふぐり玉蔵 山田貢司/音楽 passport to heaven
スペシャルゲストさん!(放射能除去技術について)

2012年 1月6日 (金)
JA長野ビル アクティーホール http://www.naganoken-jabill.co.jp/guide/accessmap.html
長野駅から徒歩5分
16:30開場、17:00開演
チケット全席指定¥3,000円 税込 (2,500円+郵送代500円)
2012年嬉し嬉しの年初め公演&コンサート 実行委員会
  後援 Cyclehit  株式会社笠倉出版/株式会社五目社
申し込み、抽選後郵便振替にて代金振込確認が取れ次第チケット発送します。

さて、今日はホリーの続きです。
前回波動の種類の関係でホリーとの対話はやや時系列がバラバラになってしまいました。
時系列を追って読みたい方は、その部分に過去記事を当てはめて読んでください。では。
そうそう。ホリーは私の車に愛着があるらしく、というか古いラシーンという車で、屋根に巨人がひょいと
持ち上げられるようなバーが付いているのです。
彼はここに留るのです。
なので最近は拭いてもふいても窓が糞だらけになるのです。。。。

<カラスのホリー> 2011/11/21 19:30
(以下メモ原文のまま.。除く☆解説☆)
貢:カラスは父母共に子育てするの?
ホ:そりゃそうだよ。人間はちがうのか?
貢:こないだまでは母が育てるのが普通だね。弥勒の世からは父かな。俺なんかそう。
ホ:へんな動物だな人間って。カメムシみたいだ。
貢:えっ。カメムシ?そうなの?
ホ:そうだよ。
  ところで明日なにしてる?
貢:ごめん。明日はしごとなんだ。
ホ:仕事?なに?
貢:あっ。生きるためにやらなきゃならないこと。
ホ:食べ物採るの?
貢:まーそんなとこ。
ホ:オレ人間だったことあるけど、そんなのあったかなー。もー忘れたけど。
貢:まだ寝ないの?
ホ:昨日も聞いた。
  オレが寝るのはそっちの10時。
  周りの奴らは寝ても、オレは寝ないの。
  会話の時間、一番楽しい時間。
貢:呑んじゃおうかな。
ホ:何だっけ?なんか凄く懐かしくて、何だっけ?
貢:そーか。カラス長いから忘れたんだね。
  酒。米とかぶどうとかの汁を酵母で発酵させた飲み物。
  アルコールっていうものが、脳を気持ち良くするの。
ホ:思い出してきた!!飲みたい。是非呑みたい。
貢:いーよ。呑もうよ。
  でもどうやって?
  明日はダメだけど、明後日ならいいよ。
ホ:わかった。約束な。
貢:いいけど、もっと仲良くなってからのほうが良かないか?
ホ:いや、だめ。オレ飲みたい。
貢:飛べなくなっちゃうよ。
ホ:お前のお蔭でいろいろ思い出してきた。
  オレも仕事してたことあったと思う。
貢:どんな?
ホ:んー黒い四角形が沢山あるとこ。 
  んー。ダメだ。酒飲めば思い出しそう。
貢:今日のところは忘れて寝た方がいいよ。
ホ:そうかな。暗くて見えないしな。
  いや。酒の味完全に思い出した。ウオッカだ。
貢:へぇー、ロシア人だったの?
ホ:わかんねぇ。とにかくウオッカは思い出した。
貢:俺たち時間ズレてるでしょ。ホリーは朝起きるの何時?
ホ:明るくなる一寸前。
貢:そうだよね。鳥だもんね。やっぱり今頃に俺が自由になるしかないね。(午後8時から10時)
☆:次女が泣き出し終了。
  その後数日会話が途絶えた。

2011/11/23 16:45
貢:ホリー?
ホ:そう。ごめん。自分なりに掘り下げてた。かなり思い出したよ。
  オレ、シベリア抑留者だった。
  1927年にミンスクで死んでいる。
  ウラジオストックで現地の娘と駆け落ちして、身を隠して生活したけど長く続かず、
  最後は女に逃げられ、ミンスクで野たれ死んだようだ。
貢:そうか、大変だったね。
ホ:アハハ。今は楽だね。これを自由って言うんだね。
  ところでお前、まだ考えてるんだろう?星が膨らんだり萎んだり。
貢:ばれた?そうなんだよ。
ホ:難しいことは解んないけど、意識は重力じゃん。
  重力にも時に似た思いが有って、その経過というか、呼吸というか、、、、
貢:重力が時間をかんじているってこと?
ホ:そう。星も言わば意識生命体で、いろんな思いがあって、その変化が周期的になっているんだよ。
貢:先の14、8日って、月齢と一緒だと思うんだけど、それは何故?
ホ:そりゃそうだろ。地球のリズムと合わせなけりゃ、ぶつかるとか、どっか飛んでっちゃうだろ。
貢:そうか。ホリー凄いな!
ホ:フフッ。
貢:カラスにしとくの勿体無い。いや、カラスだからいいのか。
ホ:そうだろ。
  お前が平和な人類にしたら、また人間やってみるよ。じゃあな。
貢:えっ、もう終り?
ホ:オレの勉強タイム。
貢:そっか。じゃあね。

2011/11/24 17:50
ホ:元々地球は、、、、、、、、、ホリー眠る。
☆:その夜中睡眠中のホリーから問いかけが有り、睡眠中は顕在意識を司る脳から離れるため、
  潜在意識の高次元情報がダイレクト且つ、正確に降りて来るらしく、ホリーは私にどうしても
  伝えなければならない事があることが理解できた。
  ブログ投稿など中々時間が取れないなか、明日深夜に再度ホリーの潜在意識への接続を約束した。

<中略> この部分は過去記事「<波動>d5、時と空間。」を参照のこと。

2011/12/1 23:40
ホ:この間のの続きだよね。
貢:なんだっけ?
ホ:星の振動だよ。そのロジック。
  お前なら理解出来るかなと思ってさ。
  <ソクタイ>に繋がればいやでも見えるんだけど。
  まず鼓動の周期は14、8日。これ言ったよな。
  これ野火歴の半月だろ。
  あっ。ごめん。こないだ言ったのは新暦。これから説明するのは旧暦。
  鼓動の説明は旧暦じゃないと都合悪いの。旧暦は29(30)日×10ヶ月。
☆:この日は疲れで書取っている最中に寝てしまいました。

2011/12/4 23:10
貢:ごめんね。玉ちゃんのREC.でかなり空いちゃったね。
ホ:きにしない気にしない。
  ねこ鳴いた?
貢:うん。かもめだよ。
ホ:そっか。オレカラスだから猫好きじゃないけど、かもめは別だな。
  今は時期じゃないけど、かもめは高次元と繋がるぞ!大切にしろよ。
貢:マジで?
ホ:そーだよ。聞いたろ、マールークスに。
☆:ウイングメーカーのマールークスが言うには、遠い将来「かもめ神社」なるものができるそうで、
  その時も飼い猫のかもめを大切にするよう言われていたのでした。
貢:まあそうだけど、すぐにはしんじられなかったが、ホリーと話すようになって、その話も信憑性あるな。
  でもかもめはおかわりばっかり言ってるよ。
ホ:だからいまはまだ時期じゃないんだよ。とにかく大切にしろよ。
貢:はい。
ホ:じゃいくか。野火歴はいったよな。
  なんで旧暦が10ヶ月だと思う?
貢:ぜんぜん意味わからん。
ホ:あのね。宇宙は10フェイシスで成り立ってんの。
  わからんか?じゃあこう言ったらわかるかな。
  お前らの平面世界が2フェイシス。そこに波動の8フェイシス足して10フェイシス。
貢:言ってることは解るけど、心にはこないな。

☆:ここで丸さん(丸山博士の意識体)参加。
丸:ホリーが言ってることはこういうことですよ。
  野火空間には東西南北4つのパラメーターが2つあり、各々を定義するパラメーターが2つあるから、
  10フェイシスなんです。
  宇宙とは貢司さんが想像する立体ではなく、2重平面なのです。
  それも法界の中心点、法点を基に90°に交わった面により構成されているんです。
  そして方位のパラメーター(例えば南北)は正と負を同一には語れないのです。
  波動も全く同様で、∞で表したのは、陽界限定であり、陰界にも同様に陰界の∞があるのです。
  簡単に言えば、4×4×2=32種の∞波動で空間は構成されているのです。
ホ:わかった?
  凄く難しいのよ。
  まあ今日はなんとなく知ってればいいよ。
  とにかくその10フェイシスと野火歴の10ヶ月は対応しているんだ。
  んで、お前ら時間で言うところの55、5bpmが基準になって星々は鼓動しているんだ。

2011/12/5 23:30
貢:かもめの話なんだけど、今日もの凄く胸が痛くなって、何も出来ないくらいなんだよ。胸のど真ん中が。
  どうもかもめが起きだすと痛むんだよ。どうしたら良いのだろうか?
ホ:始まったか。
  今のかもめはおもいっきり半覚醒だからなぁ。
  でもいくら痛くてもブロックするなよ。
  いまは耐えるしかないな。
  数日から半月ほどで奴が気付くよ。思い出すよ。
  そしたらちゃんと会話になるから、そんな痛みはなくなるはず。
  とにかく耐えろ。
貢:そっか。わかった。仕方無いな。
ホ:頑張りどころだ。
  お前ブログやるんだろ?終ったらまた話そう。
  じゃあな。

2011/12/6 0:30
貢:ホリーおまたせ。
ホ:よし、続きだ。
  お前らの55、5bpm。これ、法界では49、5モツなんだけど、
  とにかくこの周期で意識は脈動するんだよ。
  だから、テンポ55、5で「あおうえい」言うと共鳴して胸いたくなるだろ。
  お前らはそれ忘れているからあんまり関係ないけど、
  地球やその他の星々の意識はもろ関係あるわけ。
  そして昨日言った10フェイシスを月ごとに繰返しているから、地球時間の14、8日に一回
  膨らんだり萎んだりするのさ。
  物質は全て意識で成り立っているからなんだ。
  お前ら身勝手に生きているから知らないだけ。
  オレ達みたいに普通に生きてれば、見なくたって地球の鼓動を感じられるんだよ。

2011/12/6 21:10
貢:かもめ(我家の猫)、話せるの?
か:話せるよ。
貢:いつから?
か:話すだけならずっと前から、でもビーちゃん達と繋がったのは最近だよ。
貢:ごめんね。聞く努力しなくて。いつものおかわりと思ってた。
か:そうじゃない時もあるんだよ。
貢:ビーちゃん達からなにか聞いたこと言いたいの?
か:そうなの。大切なことがたくさんあるの。
  難しいことばかりだから、ぼくが寝てる時に言いたいの。
貢:そっか、ホリーみたいにね。
か:そうなの。そうすればパパが解るように言えるんだって。
貢:かもちゃん。◯こ産まれてから寂しかったね。ごめんね。
か:わかってるからへーきだよ。目治してくれてありがとね。
  じゃあ今晩寝たら話そうね。

2011/12/6 21:30
貢:何故かもめ経由で話すんですか?
ビーちゃん(釈尊意識体):あなた昔から動物大好きでしょ。
  第一エポックメーキングじゃないですか。
  今のあなたはまだナキンの波動を受けてないんです。
  完全に自分のものにするには3〜5年もかかります。
  意識のアセンションは徐々に進みます。
  ここより先の重要情報はあなたの主観が邪魔をします。
  なので、ホリーやかもめ経由でないと真実が伝わらないからです。
  それほど高度な内容なのです。
貢:なるほど、、、、
ビ:かもめは前世であなたと繋がっているのです。思い出しませんか?
貢:、、、、、、
  はい。
ビ:yoshito。アルザル時代の。あなたの息子ですよ。
貢:少しだけ記憶にあります。鳥肌が立ちました。
  涙が流れました。
  男の子を抱いた憶え、感触が残っています。
ビ:あなたは仕合わせ者ですね、愛に囲まれているのですよ。
☆:かもめとの出逢いは2年前。
  遡ることその2年まえに、別の飼い猫「けいぬぢぢお」が失踪し、探し続けたにもかかわらず、
  とうとう見つけ出すことができなかった。
  そんな捜索の最中に、迷い猫ビラを見たご近所の方から、この猫が似ている。と情報を頂き、
  そのお宅に伺うと「けいぬぢぢお」とほとんど同じ柄の「かもめ」がいた。
  玄関に入るなり私に擦り寄り、しゃがんだ膝に抱かれたかもめをそのまま頂いてきたのだった。

このところこんな形で彼等から勉強させて頂いてるのですが、キーワードは眠っている時の潜在意識。
そして、このことを深くふかく掘り下げていたら、大変重要なことを思い出したのです。
続きは次回のお楽しみ。

お読み頂きありがとうございました。

<追記>2011/12/28 14:00

昨夜1時半ころ、かもめ君が亡くなりました。
読者へ返信メールを書いていた、0時過ぎ。それは突然訪れました。
一目に血栓か心筋梗塞と解る症状でした。
やっとのことで動物の救急を見つけ高速で飛ばしましたが、道中で息を引き取りました。
蘇生の可能性を求めそのまま救急に飛び込みました。ドクターによると肥大型心筋症の典型だそうです。
かもめは私が受ける高次元との関わりにより、今迄生かされてきたのです。
昨日かもめの記事を公開することで、かもめにとって一つの大きな区切りが訪れたのです。
もちろん私にとっても大き過ぎる区切りです。

私はかもめの死を通し、黄泉国(アルザル)と地上の関係、魂の繋がりの関係をはっきり思い出したのです。
それを公開することで、何千年もはっきりしなかった、その為に宗教という巨大な概念を作り、その呪縛から離れることが出来なかった人類を、そこから解き放つ大事な情報が共有できるのです。
今は時間が足りず書くことはできませんが、次回の記事でそれを公開しようと考えています。

皆様、2012年という巨大な節目を心の底から笑って迎えましょう。

山田貢司
<追記>終わり。