意識体とアカシックレコード

えすぱー女房。またまたやってくれました〜!
彼女、只今自己嫌悪の渦に飲み込まれ、ベッドの上で足の親指と人差し指に手の人差し指挟んだまま虚空を見つめております。
それは何故か?
起こったのです。愉快痛快奇々怪々な出来事が。

まずはこの文章をお読みください。
anさんはじめバカボン一家の皆さまのブログ、「ヤマダ、読んだ?」の<小麦話>というスレッドに宛てたえすぱー女房のコメントです。

「高鳴るわ」
どうも、叶恭子です(笑)
anさん小麦ばなしありがとう。
みなさんも探し出してくれてありがとう。
あんこちゃんもありがとう。

30年かけてあらゆる生き地獄をくぐりぬけてきたからそのつどトカゲがしっぽを失うような感覚で痛がりながらなんとかずるずる来たというか。
ついでにあたしのどぎつさや弱さや図太さや冷たさを見るはめになったヤマダ。
それらは全てあたしの「どうしてもしたいこと」を守るために存在している性質なんだよ!!
死んでも歌うぜ!!冷蔵庫壊れても歌うぜ!!
そして皆さん新しい体験をするきっかけをくれてテンキュー!!

叶美香より
【2012/07/10 19:40】 小麦

そしてこれ!

「私はあらゆる生き地獄をくぐりぬけてきた。そのつどトカゲがしっぽを失うような感覚で痛がりながらなんとかずるずる来たというか。」
「ついでに私のどぎつさや図太さや冷たさを見るはめになる。」

これ実は『よしもとばななさんの公式サイト』の日記の『人生のこつあれこれ 6月』に出てくる一文です。

これだけ見れば只のパクリ。
確信犯なら知的所有権侵害、著作権法違反です。
しかしこれには理由があります。では順を追って説明してゆきます。

まず、えすぱー女房は自分の話題のスレッドに気を良くし7/10 19:40にコメントを投稿しました。
私はそのことを知りませんでした。
明けて翌々日深夜07/12 00:26 読者のびぃすかさんから「小麦さん 以前からよしもとばなな氏と感触が似てるなぁと思ってましたが、今朝ばなな氏の日記を読んであまりのシンクロにやはしっと…思った朝ですた 実はツインですか?」
という温かい突っ込みが入りました。

明けて07/12朝、子供達を保育園に送り出し、やれやれとマックでコヒーを啜っていたときのことです。
「あたしの書いた文章、あたし何時の間にか盗作してた〜、、、、(泣)」とえすぱー女房。
「えっ、なに?」
「これ観て!ほら、これとこれ。」と私に自分が書き込んだコメントとよしもとばななさんの日記を見せます。
「なんじゃこりゃ〜!」と私。

ちなみに我家にはよしもとばななさんの本ないです。
よしもとばななさんのメディアで観られる印象は、音楽家で言ったらユーミンさんみたいに軸のブレない素敵なアーティストだな、と思っておりますが、小説やエッセイなど読んだことないです。えすぱー女房も同じです。
そして、よしもとばななさんの公式サイトがあることもこの時まで知りませんでした。
よしもとばななさんごめんなさい。
さんざ持ち出しておいてそれはないだろ〜。ですが、
私もえすぱー女房も音楽一本槍でして、読書家じゃないんです。

話戻します。
文章を見比べればくらべるほどそのまんまなわけでして、これは何か理由がなくてはこうはならない、ダイレクトに知的興味をくすぐられたのです。
外だったこともあり、この時点でよしもとばななさんに関する情報はまったく持っていませんでした。

私はえすぱー女房意識体の中で一番情報収集力の高い<みんみん>と<ふくちゃん>を呼びました。
前記事<SLEEPー睡眠考その2ー>をお読みいただければ解りますが、えすぱー女房は複数の意識体を持っています。
ただ、<ふくちゃん>によると、ここ1年お馴染みの意識体たちに混じり、時々<BN>という意識体がちょろちょろしているそうで、<BN>=<ばなな>なんじゃないか?と予想されるのです。

「みんみん。何でも良いからよしもとばななさんに関する情報思い出してよ。で、ふくちゃんは情報と接続しているみんみんを観察していて」と私。
「え〜っ、解るわけないじゃん!」と<みんみん>。
「大丈夫!集中すればできるよ。」
実はこの話題が上る前日、7/11の朝、やはりマックでえすぱー女房の脳の使い方について話し合っていて、かなり進展をしていたのです。(後述します。)
なので、私には脈略のある自信があったのです。

『意識検索実験』 2012/7/12 9:30 <みんみん、ふくちゃん(両者えすぱー女房意識体)>
<みんみん>は集中力を高めているようだが、余計なところに力は入ってなく、寧ろリラックスしている。
何かが見えてきたのか、ポツリポツリと話し出す。
「行着けのマッサージ屋さん『ここぺり』。」
「カプリ賞。」
「年中旅行をしている、高千穂、京都など。」
「フラダンスを習っている。」等々。

<ふくちゃん>によると情報を検索している時、松果体が振動しているそうです。(これも後ほど解説。)
で、これらの情報をWebで検証すると、これが見事に当りなのです。すべて。
私も流石に舌を巻きました。
どんなに少なく見積もっても、物理的接続なくWeb並びに記憶媒質(アカシックレコード)から情報を居ながらにして取得できるのです。
えすぱー女房は自分が一寸した書き込みをする時でも、自覚なく情報に触れ、悪気なくそれを拝借していたわけです。
まるでマクモニーグルFBI超能力捜査官でした。

ではここからが今日の本題です。
意識体とは?記憶媒質(アカシックレコード)とは一体何なのか?というお話です。
私の脳には存在しない情報をリーディング同時平行考察でお届けします。

『意識体、アカシックレコード考察』 2012/7/1 21:30<ビーちゃん(釈尊意識体)、マールークス(ウイングメーカー)with陰界モス、コロ先生>
ビー:このリーディングも小麦(えすぱー女房)さん同様情報取得そのものですよ。久しぶりに会話形式にしましょう。
貢 :いいですよ。そうしましょう。
   ではまず、情報とはなんでしょうか?
ビー:情報とは数値に置き換え可能な意味の連なりです。
   その連なりは物質を産み出します。その連なりはアカシックレコードを形成します。そしてその連なりは意識でもあります。
   エネルギーであり、力であり、生命でもあります。
   ですから我々意識体はすべて同じ源を持つ兄弟なのです。
貢 :我々の意識も記憶媒質なのですか?
ビー:そうです。貢司、あなたは基礎波動を学びましたよね。情報はその基礎波動の上に成り立つのです。
   情報とは八つの場(フィールド)です。
   情報を正しく取得するには、8次元からの視点が必要になります。
   8次元の視点とは最深層脳の活性化です。
   そしてまた、あなた方意識体も八つの場(フィールド)です。
   八つの場(フィールド)の中心がそれぞれのチャクラに対応します。
   八つ目のフィールドは頭頂遥か上及び、第四フィールドを中心としたその円周にあります。
貢 :記憶媒質から情報を取得する場合、松果体を活性化し、一から八のフィールドに対し、松果体の階層外側から順に感応させることと想像しているのですが、如何でしょうか?
ビー:その通り。
   情報(波動)は振動のようなものです。しかし、あなた方の言う振動とは意味が異なります。
   あなた方の言う振動とは、大気や水など物質を媒質とする振動の伝達を言っています。
   しかし情報の振動とは、空間媒質(エーテル)の振動と時空間外に於ける伝達を指します。
   小麦さんが感じた振動とは後者、情報の振動なのです。

『松果体観察』 2012/7/11 9:30 <みんみん、ふくちゃん(両者えすぱー女房意識体)>
前記事での夢考察の勢いそのままに私はえすぱー女房に常識では考えられないオーダーをしてみた。
コーヒーを飲みながらその注文を聞くえすぱー女房は、さして無理難題とは思っていないようだった。
そのオーダーとは、、
情報収集力の高い<みんみん>を前にし、何かの情報と繋がり、透視力の優れた<ふくちゃん>にその状況を観察して貰うというものだった。
<みんみん>は「何に繋がればいいの?」と。
「なんでもいいよ、自分の好きなこと。」と私。
<みんみん>「アディダスのミッキーマウスモデル。ニューヨークのファッション街にある店の中、古着や靴、アクセサリーが並ぶ店内でそれを観ている。店は坂道にあり、外にマックの看板が見える。」と。
私はこの話に相槌を打ちながら、<ふくちゃん>への質問を考えていた。
「どうかな?脳の状況に変化あった?」
それに対し<ふくちゃん>は、、
「私たち、松果体しか使っていない。頭蓋骨の大きさと比較して、このぐらいだった。」と拳を突き出す。
そしてこんな形していた、と下図のようなリンゴの切り口を描く。
「で、<みんみん>が情報と繋がった時、松果体の外側から中に向けて階層のヒダが振動していたよ。」

この実験から解ったことを図に纏めた。
松果体階層図
図_松果体階層
脳(松果体)には情報の入り口と出口がある。
情報は前方やや左から入り、右後頭部を抜け、再度左後頭部より入り、右前方へ抜けてゆく。
これが波動(情報)と脳の普遍的関係なのである。

ちなみにえすぱー女房の言う『こぶし大の松果体』は常人ではありえません。
えすぱー女房の歯はいまだにすべて乳歯でして、歯医者から10万人に一人。と言われるほど珍しい人なのである。
このことを先日ファシレおじさんと話した際彼は、上顎第一大臼歯と松果体の関係を強く語っていました。
私も乳歯と松果体の関係に興味があり、今後の大きな課題だと考えています。

またここ数日上記のこととなりが連続したため、ブログを放ったらかしにしています。こころ苦しいのですが、週明けはイベント(プチ講演)もあるためリコメント暫しお待ちください。
えすぱー女房ですが、彼女のブログの過去記事でも同様の問題の指摘があったらしく、いまだに落ち込んでおります。
今後は能力者には能力者の責任というものが伴ってくるのでしょう。
そんなことが日常的に散見することが社会覚醒に繋がってゆくのかもしれません。

最後までお読み頂きどうもありがとうございました。