時間軸と脳トレ。

こんにちは。
前回、波動基礎理論を書いてやや落ち着いたのですが、今後はその検証、証明があるわけです。
これはそう簡単にはいかない訳でして、地道に実験を繰り返すだけなのですが、それが大変。
多分、動力を持たずに回り続ける何かが作れるような気がしています。

そんな端境期の今回ですが、いまだにコメントの話題で多いのが脳トレです。
今日は追加説明をしようかなと思います。
例によってその前に今回は、読者のe○iさんからのご質問とその回答を掲載します。

あと、業務連絡ですが、オフ会などの連絡事項用に掲示板を用意しました。
右のリンクのインターフェイス内に貼りました。「バカボン一家掲示板」です。
しかし飛んだ先の掲示板は「バカボン一家会掲示板」となってしまいました。
確認したんですが、何故か変わってしまいました。別に使えれば良いのでそのままにしています。
何だか、広域暴力団某会的ですね。玉ちゃんにそう突っ込まれました。(笑)
それと、∞∞さんが、「やっぱり作っちゃいました、山田さん、夢ブログ作っちゃいました^^;」
ということで、『夢の真実』 という夢の考察専科ブログを作ってくれました。
私もちょこちょこお邪魔します。たいした夢を見ないのは私くらいでしょうから、盛り上がること請け合いです。
では、e○iさんからのご質問です。

——–
「時間が止まる」

初めまして。
今年から、このブログを知り、読まさせて頂いてます。
すごく共感します。ただ、ブログ内容を私の頭で理解するのは、かなり難しいです。(^_^;)
今回、初めてコメントを書いたのは、お聞きしたい事がありました。
私が体験した事です。
それらは、ただの勘違いなのか?
実際に、起こる事が可能なのか?を聞きたいのです。

まず、私が体験した事なんですが、
去年の5月です。
引越し作業の荷造りの時、
お腹が空き、そろそろお昼の時間だな。とおもい、
手元にあったiphoneで時間を確認しました。
その時、11時48分が表示されてました。
あと、一箱作ってからお昼にしようと思い、一箱作りました。私の体感覚では、約10分位は経過したと思います。
そして、また時間を確認しましたら、同じ11時48分なんです!
わたしは、iphoneが壊れたと思いました。
しかし、結局、壊れていませんでした。

私は、絶対におかしい!不思議だと思いました。
見間違えではないのです。

そして、数日前にもまたあったんです!
朝、出かける前にシャワーを浴びて、
9時に家を出る予定でした。
シャワーに入ったのが、8時20分あたりだと思います。
シャワーから出て、携帯で時間を確認したら、
8時48分でした。
時間がない!と思いながら、早めに髪を乾かしました。
この時も、絶対に5分以上は経過していたはずです。
髪を乾かし、歯も磨いたんですから!
しかし、遅くなってしまった!と思いながら、
時間を確認したら、8時48分なんです。
この時も、携帯が壊れたか?と思いました。
しかし、その後は、普通に動いてますし、
遅れてる事実もない。

仮に、通常に動いていても、
1分以内で、一箱の荷造り出来ないですし、
歯も髪を乾かす事も不可能です。

周りには勘違いだと言われました。

しかし、私は、時間を確認する時、見間違える事がないと思います。
いつも、何気なく時間を確認すると、
必ずゾロ目なんです。
11時11分(なぜかこの時間が多いです。)
2時22分

いつも、面白いなあ。と思ってます。
だから、意識的に気間違えないようにしてしまうのです。

このような事は、ありあえることでしょうか?
これは、私の勘違いだったのでしょうか?
ご意見を聞きたく、コメントを書きました。

また、母の身のまわりでも、不思議なことが、いろいろありました。その一つに、飼っていた十匹以上の金魚が、居たはずの水槽から、朝、コツ然と消えてしまった。そうです。

不思議な事があるもんだ。と驚いてました。
こんな事も勘違いで済まされるのでしょうか?
ご意見よろしくお願いします!
——-
e○iさま

コメントどうもありがとうございます。

不思議体験たいへんでしたね。
まず結果だけ端的に言うと、私の理論内ではあり得ます。
そして、一般論では「20分得をしましたね。」です。
すみません、真面目にいきます。

こういった現象の原因と考えられることの一つとして、地球の太陽重力面との次元整合性不一致が挙げられます。
これによる最大の影響は地球物理軸の移動ですが、これは時間のこととは直接関係はありません。余談ですが、急激な移動は絶滅を意味します。
しかし現在、次元整合性不一致から地磁気(電磁軸)のふらつきが起こっているようです。

私は毎日自宅の同じ場所で磁極を測っています。
昨年8月初旬からの観測で、数日続けて安定していることはありませんでした。毎日一寸ズレます。ズレの最大幅は約6°です。
波動論理でいう磁極は時間軸でもあります。詳しくは過去記事でご確認頂きたいのですが、人間は地球の引力に縛られて生きています。
引力は重力平面とそれに伴う90°の関係の電磁軸が発生してはじめて完成します。
そして電磁軸は基礎波動5.4.4d<モリーロール>と共鳴し、時間軸として空間を造ってゆきます。
しかし、基礎波動5.4.4dはある程度の揺らぎがあります。この揺らぎが無いと、空間エーテル接合面に空きが出来てしまいます。(空間にすが出来てしまうと、生命の存在しうる環境ではなくなります。)
地球の次元整合性不一致により、その揺らぎ幅で時間軸が変化していることが、現在時間を不安定にしている要因です。

では、e○iさんに何が起こったのかを説明します。
多分e○iさんは普段から深層脳をお使いになり生活なされていると推察します。
時間の観念は波動と時間脳のシンクにより生まれます。
そして時間脳もまた階層構造をしています。
先ほど述べた、時間軸の揺らぎ幅の範囲で、時間波動とシンクする階層を移動させています。(物質脳[表面脳]だけで生活している人は時間感覚が変化しません。)

そして地球の固有振動(シューマン共鳴)が近年早まったことを挙げても(80年代で7.83Hz~現在は13Hz)それは証明できるのですが、地球の固有時間は年々早まっています。地表と磁気層の距離が狭まったのです。(電離層が下がるということは、電磁軸が不安定になってきている、磁界が弱まっている証拠。)
地磁気が減る=時間が早まる
この先にあるものは、、、、
ポールシフト(磁極反転)=波動の揺らぎ幅を超える時間感覚=時間を感じられない。

現状でe○iさんのような方が、私の周りに二人おります。ノリちゃん(友人)とエスパー女房です。しかし二人とも決して平均的人物ではありませんから、始めにe○iさんの波動との結びつきを綴ったわけです。

結論として、現段階の地球は感度の鋭い人にとっては、既に時間がなくなっている。ということです。

ここで敢えて付け加えますが、時間が不安定だからといって、ここ地球がドラえもんのパラレルワールドになっているということではありません。
もしパラレルワールドを造りたいのであれば、e○iさんの体重が地球と同等若しくは超える重さでなくてはなりません。
地球同様の意識量をもってはじめて地球引力の縛りから脱せれるのです。

> しかし、私は、時間を確認する時、見間違える事がないと思います。
> いつも、何気なく時間を確認すると、
> 必ずゾロ目なんです。
> 11時11分(なぜかこの時間が多いです。)
> 2時22分

私も同じです。特に目立つのは、10:10、11:11、14:14、17:17です。

> また、母の身のまわりでも、不思議なことが、いろいろありました。その一つに、飼っていた十匹以上の金魚が、居たはずの水槽から、朝、コツ然と消えてしまった。そうです。

この件は状況の詳細がないと推察も出来ませんが、私が思うに、脳の使い方は大きく遺伝するということです。我家しかり、ノリちゃん家しかり、です。

最後に一つお願いがございます。
この返信メールですが、かなり深く掘り下げたので、読者の皆様にも有益な情報になったと思うのです。
e○iさんの個人情報をカットしてブログにて公開してもよろしいでしょうか?
お返事お待ちしております。

山田貢司
————————–
山田さんへ

早速の返信、ありがとうございます!
とても詳しく解説していただき、ありがとうございました。
しかし、なかなか難しく、充分には理解が出来ないです。(^_^;)すいません。

でも、時間が止まるという、現象があり得るというコトは、
私の思い違いじゃない。という事がわかり、
嬉しいです。
また、実は時間が早くなっているというのを、
数年前から、感じていました。
最近も、友人達に、時間が速くなっていると思わない?
と、聞いていました。
ある一人は、プロの音楽家ですが、
20年前に、一分間に感じるテンポが、
今は、早くなってる。楽器を弾いて、それがわかる。
と言ってました。
ただ、ほとんどは、分からない人ばかりでした。
中には年を取っていくと、そう感じるんだよ。
という人もいました。
なかなか、同じ感覚の人が周りにはいなくて、
ずっと思い違いかな?と思ってました。
しかし、心の奥底では、思い違いじゃない!とも、
感じてました。

今回、思い切ってコメントして良かったです!
山田さんがメールで書いてくれた内容で、
やはり私の感覚は間違いじゃないんだ。と分かっただけで、
嬉しいです。
本当にありがとうございます!

あと、この件について、
個人情報(なまえ、メルアド)以外は、どうぞ使ってください。もしかしたら、他にもいるかもしれないですね!

あと、映画「THRIVE」の事を書いていらっしゃいましたが、私も同意見です。
しかし、実際には見てないのですが、
他のブログなどで、この映画は良い!というなどの紹介を知ったのですが、
何故か見る気がしなかったのです。

99%の真実に1%の嘘をつく。
そういったのに気をつけた方が良いと、
昔から感じていました。
この映画も、なんかそんな感じがしたのでした。

私の感覚に、自信が少し持てました。
感覚って、比べる事も出来ないし、確かめようがないですからね。笑

山田さん、ありがとうございます!
これからも、ブログ楽しみにしています!
========

さて、メールの内容をさらに解説します。
まず地球の太陽重力面との次元整合性不一致ですが、過去記事「重力から意識へ、物質の生立ち(変容と変性)〜アセンションの意味前編」で初めて出てくる言葉です。
さらに過去記事「分光された光の意味」で詳しく述べております。
簡単に言えば、重力平面内の物質の安定性。
多くの物質により出来ている惑星は、多種様々な物質の次元整合性不一致の総意として赤道傾斜角(重力平面に対する地軸の傾き)で帳尻を合わせています。
太陽系の惑星は各々水星 0度、金星 178度、地球 23.4度、火星 25度、木星 3.08度、土星 26.7度、天王星 97.9度、海王星 29.6度です。
そして惑星達は年月と伴に赤道傾斜角の角度を増し、次元整合性を合わせているのです。
もし仮に地球が急にその角度を増したのなら、それはハリウッド映画の世界。超巨大津波で、ぜーんぶおしまいです。
しかし私が得た意識体情報をまとめると、2011/8/5(2011/10/13)から始まった地軸移動は2年間、2013/8/4(2013/12/12)までかけて赤道傾斜角が23.4+9.4=32.8°(23.4+13.6=37°)になる、というものです。グレイなどの情報です。ちなみに()内は
神坂新太郎意識体情報です。
何れにしても重力制御装置の様なものが世界各地に点在し(日本では鹿島神社の要石など)、安全に移動するようです。
なので、誤情報に惑わされること無く、今後の地球の変化を楽しんでゆくことが大事なんではないでしょうか?
私は過去記事「アルザル語」で「2013/8/4までしか時間がない」と言いました。
それはこのことを言っていたのですが、ではこの赤道傾斜角移動は我々にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
それらを順次綴ってゆきます。

まず、下図をご覧ください。
軸位差
図_軸位差
a点と地球の中点の差が軸位差です。
我々は赤道傾斜角に合わせて生きています。
日本は北緯20度25分31秒から北緯45度33分28秒を領土としていますから、平均して32.5度としましょう。
ですので、日本の平均軸位差はθ×32.5÷90です。
お気づきと思いますが、軸位差は極に近づくほど大きく、赤道に近づくほど小さくなります。
我々にとってそれは、極に近づくほど時間軸の影響が大きく、赤道に近づくほど時間軸の影響小さくなります。(赤道に近づくほど太陽意識の影響が大きくなる。)
普通に考えれば解るのですが、寒い地域ほど時間に厳しく、暖かい地域ほど時間にルーズになるのです。
生き様としては、寒い地域ほど脳を優先し、暖かい地域ほど心を優先するのです。
ですから寒い地域ほど覚醒し難く、しかし軸位差が大きいため、霊体優位となった場合の振れ幅は大きくなり。
逆に暖かい地域ほど覚醒し易く、軸位差が小さいため、霊体優位となった場合の振れ幅は小さくなる。ということが言えるのです。
余談になりますが、ブログ「chachai のいろいろ」の新記事<磁界のない位置がある>に出てくる0磁界点こそ軸位差によるものなのです。この記事中の実験を赤道付近で行えば、0磁界点は中央になるはずです。

このように地球に住んでいる限りこのような影響は避け難いのですが、上記のメールのやり取りで書いたように、このべーシックな影響が時間軸のブレにより大きく変化してきているのです。その変化により様々な影響が出始めています。
それは、非覚醒の場合、内時間感覚を遅くします(一日が短く感じる)。
また、そのブレは霊体優位的状況を生み出しやすくなります。
すると今度は逆に内時間感覚を早めます(一日が長く感じる)。
さらに、デジャブ様体験や白昼夢を増やします。(近未来疑似体験[意識体時間移動]、霊体記憶再構成)
そして明晰夢をふやします。(分霊記憶再構成)
ここで、ブログ『夢の真実』に投稿されたハクツルさんの記事から一例をご紹介します。

—————–
「目を開けても消えない夢」
はじめまして。長文失礼します。
数年前の夢ですが、私は洋館の(何故だかイギリスと思った)書斎らしい一室にいました。そこは私の仕事部屋でした。
ブロンドの髪、スタンドカラーにフリルの、袖はゆったりした白いブラウス。深緑色のベルベットで、丈がくるぶしまであるロングスカートの私。
机の上には世界中から届いた、文字どおり山のように そして整然と積まれた書類。
私はその書類の山を 静かな幸福感をもって見ていました。

とても充実した気持ちでした。
ずっとこの世界に居たい。
でもこれ以上いたら、こっち(この世)に戻れなくなってしまう!
そうしたら あの子(子供)は誰が育てるの!?
そう思った私は無理やり意識をこちらに戻すようにして、目を開けました。朝でした。
帰ってきた。なのに見なれたいつもの部屋と夢が重なって、まるで二重写しみたいに見えるんです。
目もしっかり開いてるし、手足だって動く。
でも、どちらのモノにあわせて動いていいか判らず、うっかり起きるとつまずいて転んでしまいそうで、そのまま夢が消えるのを目を開けてじっと待ちました。何度も瞬きしました。
夢は段々と色が薄くなり、ペン画のような黒くて太い輪郭線になり、それも細く薄くなって消えていきました。
世界が一つになった~と安心して起き出したのを覚えています。

私の見る夢はいつも総天然色で 内容もさまざまですが、自分がブロンドで しかも目を覚ましても消えないのは初めてでした。
消えない夢はあの時だけで、今は普通に目を覚まして起きます。 
ハクツル 2012-03-07 22:53:40
—————-

ハクツルさんの凄いご体験でした。
これは霊体の記憶だと思います。いわゆる白昼夢の延長線ではないでしょうか?
カラスのホリーによると、潜在意識(黄泉)の記憶やリアルタイムに得ている情報が我々の夢のようですが、
こちら側の意識体も分霊されて同じ記憶を持っているわけです。
時間軸の幅を脳がどう受け止めるかで、明晰夢や時間が進む、止まる、など様々な現象が起こるようです。
現段でそれを解析することは残念ですが無理です。
将来に向けた取り組みとして、時間軸を意識的にコントロールできる技術の確立を目指し、脳トレを実践して欲しいと思っております。

では脳トレです。
私が音階脳トレを提唱した理由は、時間軸<モリーロール5.4.4d>の共鳴と音程を感じる脳が同じ使い方と感じるからです。
音程を感じる深さの幅=時間軸の振れ幅 なのです。
「一日が短く感じる。」は脳の表面で時間軸と共鳴しています。逆に「一日が長く感じる。」は脳の奥で時間軸と共鳴しています。
時間はたくさんあった方が良いに決まっています。ですので脳トレをお勧めしているのです。
もちろん覚醒にも結びつくかもしれません。

まず、私が自分で感じられる時間の感覚(脳の活性化している場所)と脳トレの音名の関係ですが、基音(ド)とドミナント7th(シ♭)を頭の中で一緒に鳴らした感覚と酷似しています。
メイジャー7th(シ)ではなくドミナント7th(シ♭)の方が時計の音が遅く聞こえます。
また、簡単な和音(ド、ミ、ソ)や、やや複雑な和音(ド、ミ、ソ♭、シ)などよりも遅いのです。
さらに、8度以上離れた基音と9thや13thよりメイジャー7thが、そしてその上がドミナント7thなのです。
音階的特性としてメイジャー7thは明るく浮いた印象、一方ドミナント7thは暗く湿度を感じる印象、どちらもトニックに導く導音の意味合いが強い音です。
これを踏まえてもう一度トライしてみてください。
そして皆様のなかで、私と同じように感ずる方はいらっしゃらないでしょうか?
波動の究明は始まったばかりです、データの積み重ねが未来を造ると思いますので、ご協力ください。

あと、脳トレ教材が欲しいという方がいらっしゃいますが、脳トレはあくまで脳の使い方の練習であって、音楽のトレーニングではありません。体の使い方というより精神修練的意味合いが強いので、音程を取れる簡単な楽器(ハモニカや笛)があれば何も問題ありません。
言い換えれば音階脳トレは、物理的目標のある瞑想なのです。

最後までお読み頂き、どうもありがとうございました。