戦い_その後、愛の位置を考える。

文末に<追記>があります。2012/1/15

こんにちは、今回は前記事の続きです。

前記事<主戦場。>を読み頂き、コメントをせずともこころをお使い頂いた皆様、
そしてそれぞれのお思いからご参加頂いた皆様、山田の我が侭にお付き合いくださり本当にありがとうございました。そしてごめんなさい。
それぞれの方々の見地から思慮分別を尽くしたお言葉の数々が胸に刺さり、苦しくもありますが、これぞ愛なのだなあ。と噛み締めかみしめ、言葉の主に想いを馳せておりました。
特にChiharuさん。判っていらっしゃったとは察しておりますが、体の芯まで響くハードパンチ!効きました。本当にほんとうにごめんなさい。
社会覚醒の指針を示すため、そして僕が僕であるためにどうしてもこの一連の経緯が必要だったのです。

まずは僕のためですが、僕は昨年5月末から今までの常識では考えられない事象が数々起こり始めました。
ブログの過去記事にあるように通念では知り得ないような情報を知りました。
それは今も続き、発表していない、又は今は発表できない情報もたくさんあります。
一時は悩みました。6週間更新できませんでした。自分の中の異常性に気付き、その評価すら正常なのか異常なのか?しかし情報はあふれ。
それらの情報が支離滅裂であれば何も問題はなかったのですが、紐解けば解く程それらは整然と並んでいったのです。
しかし結果僕はブログを辞めませんでした。突き動かされる衝動が勝ち、この時ブログで友人となったバンブーさんの愛があったからです。彼は思うところあり今はブログを止めてしまいましたが。。。

ブログを再開した時からこのことは決めておりました。
僕が旧来の哲学的要素を、旧来の信仰にも繋がる愛を、記事に書く前にそれを宣言しなければならないと。
だって古今東西こう言った類いの言葉は、言葉そのものが宗教であり、それを発した者は教祖であるわけで、、、

僕は音楽家です。プロフェッショナルです。自負もあります。でも教祖じゃあないです。
だからこれまでそれを避けるように物理学的要素と新脳科学のみを綴ってきたのです。
しかし突き動かされる衝動の中には、教祖に繋がる要素を含む情報を発しなければならないものがあるのです。
それは今まで綴った、これからも綴る技術情報を生かすために不可欠なのです。
しかしいきなりそれを知れば、宗教になってしまい真実は伝わりません。それは完全なパラドックスなのです。
僕は考えました、そしてビーちゃん達にも確認しました。
古典的ではありますが、テーゼとアンチテーゼです。
要するに自作自演。もちろん演じたのは皆様。
段階をへて真実を伝える。
繰返します。以下の内容をいきなり記事にすれば、それは既成宗教となんら変わらないのです。

<波動_d6.8_ニビル> 2011/10/31 20:30
我は6.8次元波動意識体ニビルなり。
波動を解せし者に我々より最後のメッセージを届けに参った。
イフェを知る者よ。
愛なる波動(7次元)を正しく解すために、まずは我を知らなければならない。
我の弁は少々難しいがよろしいか?
不安あれば釈尊を解説に付けるがそれでどうか?

よろしい、始めよう。
人がなぜ愛を感ずるか?またそれが恒常的でないか?
さらに真の愛(与える愛)を獲得するための非物質性、そしてその条件。

11月1日  22時40分
人の愛という感情について申す。
愛とはひと言に言っておるが、3段階に分かれるのだ。

1 お前たちの知る下等生命体における愛だ。
2 これもお前たちにもある、子孫、特に我が子に対する愛。

ここまでは、我ニビル6.8次元波動とのリンクによる生物の根源的欲望から発生する感情である。
次に示す愛は、アセンション後、体の変容後にイフェ7次元波動とのリンクが完成
したあかつきに発生する愛である。

3 無償の愛。

この感情が芽生え、社会が熟してくると、意識の共有化が起こり出す。
万人に起こった例は過去ないが、近くは、金星生命体、またそこから巣立ったグレイ族らは
中央意識生命体(神)と人民が意識を共有し、個人名のいらない社会が形成された。
そこまで進化するには数万年を必要とするが、お前たち地球の今回のアセンション後は、
4割近くの人が7次元波動に感受性を示すであろう。

イフェ(7次元波動)とリンクが完成すると、喜びが増し生命体の寿命が延びる。
過渡期の星系では、大概長寿命の種属と短命の種属に分離し、別々な文化圏を形成するようになる。
おおむね地球もそのように進化してゆくであろう。
—————————–
ここまでは2011/12/11の記事に書いているのですが、これを読んで皆さんどう思われます?
誰のこころにも愛はあります。
読めばだれでも納得がいきます。

でもそこが落とし穴です。

無償の愛とは与える愛、相手に送る愛。光を送りましょう。。。。。

と捉えたらそれは大きな間違です。
この感情は然るべくして波動接続し、然るべくした理念の基、その接続をコントロールできて始めて理解できることです。
その愛ははじめ内へ向う愛です。
Chiharuさんは追伸で、「あなたの信仰心が如何に深いものかということのほうが重要だ。つまりこうした一連のことにより、あなたはあなたの信仰心を試している。」
と正にそのことを仰っています。(わざと揚足を取って本当にごめんなさい。)

サーフィンでも音楽でも何でもいいです。
精一杯やって最後のさいごに残るもの、そこからしか<7次元波動イフェ>に繋がる受け皿はできません。
もしそれを獲得したのなら、こんどはそれをこころの内側に入れておかなければならないのです。
愛をこころの外側(脳)に置いておいてはいけないんです。
もしその愛ありきで更なる覚醒を求めれば、それこそ魔女、最後は悪魔になってしまいます。

愛と憎しみは同義です。
簡単に例えるなら、ニビルの言う愛でさえ、「愛してる?」と相手に訊いた時、それは愛ではなくなります。
僕は子供の頃からそのことを知っていました。
我々は意識体とそれを被う肉体でできています。肉体には脳も含まれます。
意識体には波動に繋がる感情と悠久の記憶が存在します。方や、肉体(脳)には物質として産まれた経験やノウハウが蓄積され、その経験から観念を作ります。
愛とは意識体が持つ感情、記憶です。それを肉体(脳)に転移させると憎しみと似た観念に変わってしまうのです。

愛という感情を観念に変えてはいけません。

そしてこの観念を利用する低級意識体がいます。
今インターネットの世界では愛を装った高次元情報が点在しているようです。平面的で脳に訴える類いです。
感情ではなく愛(憎しみ)の観念を植え付けるのです。
僕も一度その手の意識体と接続したことがありますが、上手に隠した裏側が透けて見えました。
それは宗教と何ら変わりありません。洗脳を解く振りをした洗脳です。
許すだけで見えてくる世界は観念の愛でしかありません。

ジョンレノンがこの世に残していった思いはいまだ健在です。
争いのない共有できる社会はこの思いを実行する以外ないのです。
ほんとうは凄く簡単なことです。こころを使うだけ。
意見の違いも立場の相違もこころを込めて話し合い、何か一つでも接点を見つけ、そこから繋がってゆけばいい。
その繋がりがいずれ共有をもたらす。
社会覚醒にはこの道しかないと僕は感じます。

人類が皆で愛の位置を確認できれば、自然と社会覚醒は始まるはずです。

<追記> 2012/1/15
記事を投稿後自分でも今回の経過を反芻しておりました。
読者のみやさまのご質問に答えた内容を追記させて頂きます。

いくら素直にダイレクトに書いても、必ず誤解もされますし、曲解も起こります。
今回それを排除したメッセージをお伝えしたつもりなのです。

言わば根幹。避けては通れないイバラの道です。

たとえ戯曲と言う形であってもなくても、一般概念から外れこころを考察することができれば私の真意は伝わるでしょう。
しかし一般概念から外れるところにまず難関があります。
そして繰返しになりますが、愛と言う誰もが持ち合わせる感情ゆえ見え難いのです。さらにそれは今後人類が獲得する愛なのですから。

愛は意識の中心。いわば意識体そのもの。
その感情からは勇気へも続いてゆきます。

今回の流れを箇条書きします。
縦軸は時間経過です。

<出来事>          <私の感情>
悪意のメッセージ来る。   6.9.1d怒り。
              6.4.8d孤独感、悲しみ。
主戦場。投稿           不安。恐怖。
chiharuさんコメント     6.8.6d〜6.8.4d愛、共感。
              6.0.8d感動、喜び。
主戦場。追記投稿      6.8.6d〜6.8.4d愛。 
                 不安。恐怖。
              6.4.8d孤独感、悲しみ。
愛の位置。投稿       6.8.6d〜6.8.4d愛。
              6.4.8d孤独感、悲しみ。
         *不安。恐怖は波動によりコントロールされた感情ではありません。

これを見てお気付き頂けることは何でしょうか?
時間の経過と共に私の感情の数値が下がって行くことです。
万人がそうですが、こころで受け止めた具象を脳で精査し、その度に感情の波動との繋がるポイントが下がっていくのです。

この記事で訴えた愛は繋がりそのものですので、脳での精査、コントロールの効くところではありません。
その愛を脳を使った文字に表すことは本来できません。もの凄く矛盾するのです。
このような理由から今回と前回の記事を書きました。
ご納得頂けるでしょうか?

これとほぼ同様のご考察をケロリンさまが図に示してくださいました。
ケロリンさん勝手に拝借します。
ご参照ください。
禊御中主ワールド