惑星ニビルについて

暑さ寒さも彼岸まで。
彼の岸ってどこですか?
煩悩ってなんですか?
そんなことを考えていたら閃きました。

お題とはあまり関係ないのですが、何故煩悩は生まれるか?何故108つなのか?

煩悩とは元々物質の次元整合性の欠如から生まれる意識なのです。
地球上では神性とそこから変容した物質と変容性物質及び変容性物質余剰物質を除く、
変性物質(闇の意識を発する物質)が108種あります。
光の受け手である闇の性質を持つ物質達は、太陽から来る光を反射し意識を発します。

仮に地球が太陽赤道面と水平に自転していれば煩悩は起こりませんが、
地球自身の重力(意識)のため(次元整合性を取るため)に赤道傾斜角23、4度があります。
そのために各闇性質物質は本来の意識から外れた、又はズレた意識を反射するようになります。

この一年を通じたずれを修正するという意味合いで、例えば除夜の鐘や彼岸の供養があるのです。
勿論そのズレは人心にも影響を及ぼします。
その意味でも小乗仏教は不可欠なのです。
言わば宗教ではなく科学なのです。
それは遠くシリウスから伝わった本当の科学なのです。
既成宗教(キリスト教、ユダヤ教、神道など)が約2500年前を境に正邪入れ替わっているのを
見てもそれは言えるのです。
このことはここでは掘り下げません。<アセンションの意味後編>できっちりご説明します。

では今日の本題、惑星ニビルについてです。

最近世間ではエレーニン彗星が話題に上っているようですが、
高次元情報によるとさほど心配せずとも良いようです。
惑星ニビルと比べればその影響はほぼ無視できるようです。

ではまず以下の情報を頂いたボノロンをご紹介します。
ボノロンは別名ネフィリム、アヌンナキ、鬼族。
古代史では身長8mの体躯を持ち、地球を滅ぼすために惑星ニビルから降り立った、
破壊の民として恐れられています。でもそれは真実ではありません。

では真実とは。
身長8mは本当です。
実際世界各地で出土している巨大な人骨は一時期ここ地上で生活していたボノロン達です。
ボノロンは36000年前に惑星ニビルと共に邪神ヤハウェが創造した民族です。
そして邪神ヤハウェに破壊民と宿命づけられた民族です。
32000年前その命のため地球に降り立ちました。
しかしボノロン達はその命に背き地球人類と共に暮らしました。
そして邪神ヤハウェから逃げるように天界アルザルへとアセンションしたのです。

現在はアルザル、モリステッケンのまたその奥で15万人ほどがひっそり暮らしています。
そして、ここ地上の風水害、地震、噴火等の天変地異を得意の祈りの力で守ってくれているのです。

彼等のことを正しく伝えている本があります。
セブンイレブンやデニィーズで無料配布されている「森の戦士ボノロン」です。
この会社が何故こういった活動をしているのかはさだかではありませんが、
多分金星人の傘下なのかなぁ?と勝手に思っております。

そのボノロン情報です。

惑星ニビルの直径は地球の6.8倍。質量は53倍。重力は2次元換算で約8倍。
3次元物質で構成されているため通常ここからは観測できません。
そのため公転軌道が3600年や32000年などと言われてきました。
観測できる、出来ないは、人心の総合想念の感度に依存します。
実際は約1200年で太陽を1周しています。
ですからアセンションが始まり、大きく二手に人種が別れ始めた現在、
惑星ニビルの観測情報が流れはじめたわけです。

現在南半球高緯度地域で観測可能ですが、地球の公転と共に赤道方向に移動し、
徐々に大きく見えるようになるでしょう。
来年1月下旬には地球全体から観測可能となるでしょう。
ただ、構成物質の特徴から可視光線は赤と紫のスペクトル外側しか反射しない為、赤黒く見えるでしょう。
6月上旬には月より大きくみえるはずです。
惑星ニビルには現在高等生命体はおりませんが、ホブンツムリの中継基地があるようです。
地球への最接近は10月上旬。翌2013年4月には太陽を挟んだ地球の反対側へ移動します。
この時直列による引力トリガーが最大となります。地殻変動もピークを迎えるでしょう。